きらめきタイム@碇ヶ関小学校

2013年7月17日(水)
りんご娘とプロデューサーの樋川新一が碇ヶ関小学校にて特別授業を行いました!

碇ヶ関小学校は県の「明日へはばたけあおもりっ子キャリア教育推進事業」の指定を受けている指定校です。
子どもたちが、自分の好きなこと・得意なことを見つけ夢をもち、その夢に向けて努力することの手助けをしたい。「はたらく」ことに意欲的に取り組もうとする姿勢を育てたい。
そんな想いから、碇ヶ関小学校では【夢を持って頑張っている地域の人】を講師とする「きらめきタイム」という講演会を開催しているのだそう。

この「きらめきタイム」の講師としてりんご娘とプロデューサーの樋川新一を招いていただいたのです!

プロデューサーの樋川は、一度離れた地元に戻り芸能事務所を立ち上げるまでの経緯や「りんご娘」の誕生秘話について語りました。
都会にあって田舎に無いものはたくさんあるけれどその中でも青森県をおもしろくしたい・・・子どもたちも真剣に話を聴いてくれました。

とき・王林の二人は自分達の夢にむけて「りんご娘」としての活動を頑張っていること活動に誇りをもって取り組んでいることを子どもたちの質問に答えながら話しました。

子どもたちにも芸能活動の一部として、ステージを体験してもらい・・・
授業の最後に、りんご娘と樋川からのメッセージ。

とき
「夢は変わってもいい。変わりながらもある程度の目標を決めたらその目標に向かって頑張ってほしい!」
王林
「夢に向かって一生懸命に頑張るのは楽しい。必死になれることや自分に合った道を探して、あきらめずに進んでいってほしい」
樋川
「夢は変わってもいい、一度あきらめても、またやりたくなった時戻ればいい。好きなことを仕事にするコツは、自分の好きなことで周りの人の役に立つこと感謝をされること。そうすれば好きなことが仕事になり、ハッピーな人生になる」

未来を担う子どもたち。
今回の特別授業が夢をもたせるきっかけづくりとなっていることを願うばかりです。
りんご娘たちも自分の夢・目標についてもう一度考える機会になったのではないでしょうか。

碇ヶ関小学校のみなさま、本当にありがとうございました!