MESSAGE from Shinichi Toikawa, Producer of Ringo Musume

I was born and grew up in Hirosaki. After finishing high school, I left my hometown and returned three years ago, when I found the gaps of the volume variety of information and the level of awareness between Tokyo and the provincial city. I hate to mention like this way, but Aomori is a backward country in fields such as public services, business, education and sports. Competent young people move out to big cities seeking more opportunities, most of whom would never return. It often makes me feel mortified and powerless.

What would be needed to make my hometown and the whole Aomori Prefecture attractive, interesting and richer? Aren’t youngsters wasting their time and energy though they are the ones who have the power? I kept asking myself. More jobs would be generated by starting up a venture company or promoting local companies to expand their businesses nationwide. It is easy to say but would need time and cost. Eventually I reached at this idea that entertainment and music business would be an influencing factor to energize this declining region as soon as possible with minimum investment.

Modern network and communication technologies have enabled it easier to access to physical and intellectual information wherever we are – urban or rural. But we can enjoy a nature-rich, more humane life only in rural regions. Nature including clean water, soil, air and bright rays of sun are essential to our life, and I believe that each of them works as the most essential element to promote creativity and sensitivity of art and music.

We keep providing our music and entertainments as long as we receive participation and cooperation from young people as well as supports from adults.

I predict that someday rural values would exceed urban ones if we continue to act positively. I cannot wait for the day when our hometown Aomori would be admired and praised by people nationwide.

July 2000

Shinichi Toikawa
Head, Hirosaki Actors’ School Project


Activities

Talk Presentaion

18.4.25 / ホテルニューキャッスル
公益社団法人 青森県トラック協会青年部会
創立30周年記念式典 記念講演
テーマ
①「置かれた場所で、誰かの役に立つ」~アイドル達の思いと行動~
②「青森スマートドライバー」実行委員会の活動について
18.1.24 / Village Conductor of Woman(地域のよりよい”農林水産業とくらし”を指揮する女性リーダー)
中南地域のVic・ウーマン、中南管内各市町村担当者の皆様(50名)女性リーダー育成セミナー演題『女性の活躍で地方を変える』~りんご娘の”思い”と”行動”~
18.1.23 / 弘前市社会福祉センター大会議室
弘前市母親クラブ連絡協議会(15名)
テーマ「子どもの夢を応援するために」
17.12.6 / 弘前市立高杉小学校PTA健全育成委員会
PTAの父母の皆様(50名)演題『夢(思い)と行動』
17.11.27 / 弘前大学人文社会科学部「ベンチャービジネス論」(学生80名)
演題『ご当地アイドルで地域の魅力を発信』
17.11.17 / 弘前市中学校長会・弘前地区小学校長会合同研修会
弘前市内の小中学校の校長先生(54名)演題『”思い”と”行動”』~大好きなことで、誰かの役に立つ~
17.11.6 / 三中学区小・中学校連絡協議会
弘前市立第三中学校全校生徒・文京小、大成小、三大小の6年生の皆さん(615名)演題『大好きなことで、誰かの役に立つ』
17.10.26 / あおもり未来創造塾(地方創生を担う、青森県全市町村の職員の皆様)
演題『置かれた場所で、誰かの役に立つ』
16.12.9 / 弘前市立朝陽小学校
弘前リードマン派遣事業テーマ「夢(思い)と行動」
16.11.28 / 弘前市立第二中学校
弘前リードマン派遣事業テーマ「夢を実現するために必要なこと」
16.10.3 / 弘前市立第三大成小学校
弘前リードマン派遣事業テーマ「夢を形にするためには」
15.9.25 / ラグリー
弘前リードマン派遣事業弘前地区小・中学校教頭会「置かれた場所で、夢を形にする方法」~大好きなことで、誰かの役に立つ~
15.6.11 / 田舎館村文化会館大ホール
平成27年度 青森県南地方小学校教育研究会道徳部会「大好きなことで、誰かの役に立つ」~地域活性化を目指す、芸能スクールの実践~
14.3.23 / ヒロロ4階 弘前市民文化交流館ホール
平成25年度弘前リードマン認定記念講演テーマ「置かれた環境で、夢を形にする方法」
13.10.12 / 青森県立 弘前高等学校
「職業人講和」
13.08.20 / 津軽伝承工芸館
第58回 青森県高等学校商業教育研究大会『好きなことで、人の役に立つ』~現代の寺子屋を目指した、芸能スクールの実践~
13.07.17 / 弘前市 碇ヶ関小学校
明日へはばたけ あおもりっ子 キャリア教育推進事業「きらめきタイム」講師
13.04.23 / 弘前市
弘前市倫理邦人会モーニングセミナー 「りんご娘のキセキ」
13.03.30 / 八戸市ユートリー
日本司法書士会連合会 主催平成24年 市民シンポジウム 「生きづらい」社会 支え合いの大切さ
13.03.26 / 仙台市青葉区
経済産業省東北経済産業局 主催「東北地域ホットローカルフォーラム」講師
13.04.08 / 弘前市 ホテルニューキャッスル
弘前ロータリークラブ 「卓話」講師
13.01.24 / 青森市 青森国際ホテル
青森ロータリークラブ 「卓話」講師

TV

12.12.21
青森放送 「Good Job」ゲスト出演【前編】 【後編】

RADIO

13.04.10
NHK仙台放送 ぬくだまりの宿 「みちのく亭」ゲスト出演

Newspapers and Magazines

13.04.26
VIVA Vol.198 何かに情熱を注ぐ気持ち、そして自分の考えをしっかり言えるということの大切さを子ども達に伝えたい
12.11.01
東奥日報 あおもり人ごよみ
12.07.13
東奥日報 リレーエッセー 7月~12月(全6回)

12.02.16
読売新聞 本とわたし
08.01.20
陸奥新報 青森から日本元気に
07.06.02
東奥日報 青森の素晴らしい資源 アニメ版で海外に発信

コメントは受け付けていません。